前のページに戻るTOP ホーム > 新着情報 > iWatchスーパーコピー+ロレックススーパーコピー=iRolexスーパーコピー
iWatchスーパーコピー+ロレックススーパーコピー=iRolexスーパーコピー

年内の登場が確実視されているAppleのiWatchや、すでに販売中で苦戦も伝えられるSamsungのGearなど、2014年は「ウェアラブルデバイス元年と呼ばれ

ることになる年になるのかも知れません。そんな腕時計型のウェアラブルデバイスといえば、液晶ディスプレイにスマートフォンのテイストを踏襲した画面表示とい

うのがもはや当たり前のようになっていますが、アナログ式の腕時計のように文字盤+針というデザインのものがあってもいいはず。スーパーコピーブランド時計


というわけで、最新ガジェットのiWatchと高級腕時計の代名詞とも言える存在の「ロレックス」を合体させて「iRolex」にしてみたらこうなった、というイメージ画

像がドイツの最新デジタルガジェット系ニュースサイト「CURVED」で公開されています。


金属製のバンド、そしてバックル部分にはレザーの使われた腕時計。

鈍く輝くベゼル。よく見ると、文字盤には見慣れたマークと「新着」を表すよく見た数字アイコンが。

真っ黒な文字盤に2本の針だけが浮かび上がっていると思っていたら……

4つの見慣れたアイコンとロゴなどが現れました。ベゼル部分は赤いバックライトで文字が浮かび上がっています。

さらに相手の顔写真とメッセージが表示されましたロレックススーパーコピー

充電中の画面では電池残量を数字とグラフで表示スーパーコピー時計

専用のドックにセットすると無線給電でバッテリーを充電できる、とされています。

こういう新商品があるというわけではなく、あくまでイメージですが、伝統と最新のデザインが融合していてなかなか興味深いアイテムに仕上がっています。